異国カナダで細々営業中。カナダ生活日記&戯言&駄文。


by maru16_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

First race in CANADA

以前のブログでも書きましたが、ここへゆーぞー君と草レース出場しに行ってきました。



朝8:30にカルガリーを出発。
ひたすら南下し、途中で西へ。カルガリーは朝から晴天で、移動中は日差しが暑く、上着を脱ぐ程だったのに、BC州に突入したら曇り模様。どんよりした雲が街をつつんでいる。3時間半かけてファーニーに到着。サブウェイで昼飯を購入。カナダにはどんな田舎町にもサブウェイがあるね。
スキー場に到着した途端、雨に降られる。きっとどこかにこの雨男が居るに違いない(w
仕方ないので、雨が止むまで車の中で昼食を食べる。今日早起きして鮭のおむすびを2個作ってきたけど、足んないからサブウェイのサンドイッチも半分食べる。入れてもらったハラペーニョにやられる。辛い。

リフト券を購入し、ついでにレースエントリーも行う。1日券$39とエントリー費$5を支払う。けど、どのコースでレースやるのか知らないからスタッフに尋ねるものの、

自分:「エントリー数は何人位?」
スタッフ:「40人位かな?」
自分:「どこのコース使うの?」
スタッフ:「まだ知らないわ。3時にまたここに来て。そしたら教えられると思うから。レーススタートは7時からね」

だって。すごくユルい。
時間まで適当なコースで練習する。コンディションはマッド。そういえばこっち来てから初めてのマッドコンディション。けど土質が砂っぽいので締まってて凄くグリップする。
前回のブログで書いた「MAXXIS 3C」ですが、中々良い感じ。センターブロックが60aなので剛性もあり良く転がる。サイドブロックが42aなのでルーツセクション等の滑りやすい路面でも喰い付く。

3時過ぎたからコースを聞き行くと、今回は「Bin Logdinを使う」との事。コースマップはこちら。簡単にレイアウトを説明すると、フラットなダブルトラックにテーブルトップや小さなダブルがある。斜度が無いので、タイム差があまり出ないね。脚を使う。


5時過ぎた辺りから続々とゼッケンを付けた人たちが集まりだす。時間まで数本練習する。7時スタートと聞いてたが、思いっきり遅刻した。けど、全然間に合った。
スタート地点も地面に脚で線を引き、「ここからスタートね」と言った感じ。勿論計測もストップウォッチ。なんともユルい。
カテゴリは「マスター」「ジュニア」「ウーメン」「メンズ」と4カテゴリ。
しかもスタート順はエントリー順。なんと自分がカテゴリで1番目。
久しぶりのレース。スタートして暫くしてミス。コーナー直後の飛ぶ筈の場所をナメて行ってしまった。「あ〜やっちゃった」と思いながらひたすら漕ぐ。その後はノーミスでクリア。無事フィニッシュ。
Jシリーズみたいに掲示板がある訳じゃないから、タイムがわからない。
マッドだったからバイクを洗車して車に積み込んで、着替えて、参加賞のドリンクを貰いにレストランに行く。ビールがあったが、今から帰らなきゃならんので、飲むのは我慢してお持ち帰り。
既に日が落ちかけているので、ものすごく寒い。恐らく気温は10℃以下だろう。
暫くしてリザルト発表。

結果
クラス別:2位
オーバーオール(総合):2位

公式リザルトはこちら。

1位との差はコンマ3秒。ミスが響いたみたいだ。
けど、ストップウォッチで計測してたから、光電管で計測してたらどうだったかが疑問。
このリザルト見て、色んなカナディアンが「なんだあのジャパニーズは?」みたいな事を話してたのを聞いた。また、オフィシャルからは「何でもっと早くエントリーしに来ねーんだよ!」と直接言われた。カルガリーに引っ越してきたのって先月なんですけど・・・。


今回の収穫はカナディアンにジャパニーズライダーの存在を知らせる事ができた事だろう。9時半にファーニーを出発。
途中またここでコーヒーを買い、GSでレッドブルも補給。
日付変わった1時にカルガリーに到着。疲れたが充実した1日だった。


今回の戦利品。
c0156019_3194682.jpg
右から抽選会で貰ったサーモタンブラー、参加賞のカナディアンビール、モンスターエナジー、メーカー不明なチェーンルーブ。

明後日の日曜日で今シーズンの夏期営業が終了するとの事。
来年もできる限り出場してみようと思う。
[PR]
by maru16_blog | 2008-08-30 03:23 | レース