異国カナダで細々営業中。カナダ生活日記&戯言&駄文。


by maru16_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
本日、各方面にホームページできましたとご案内しましたら、今日の閲覧数が急激に増えてびっくりしてます。(オオイシさん、早速アップありがとうございました。)

富士見の今日は夕方から雨が降ってきた。お盆過ぎてから急に寒くなってきた気がする。
特に夜の気温の下がり方は凄く、秋が急激に近づいているのだと感じます。
あまりの寒さに布団かぶって寝てます。明日で8月も終わりかぁ。

そういえば富士見に住みだしてからエアコンはいらないし(使わないからコンセント抜いてある)、真夏でも布団使って寝れるなどすごし易い。

そしてこれからは収穫の秋。こんな田舎だけど富士見のスーパーは24時間営業。野菜が安い。意外にもコンビニ、銀行、ホームセンター、大手チェーンの電器屋、本屋、100円ショップとある。
けど、娯楽が無い。

東京や名古屋に行くにもすぐに中央道もあるし、インターも近い。そしてJR中央線もあり、富士見駅は目の前。特急も停車する。

冬もドカ雪が降るわけじゃないから一年通して過ごしやすい。そう考えると生活しやすいところなのかも。
[PR]
# by maru16_blog | 2005-08-30 23:48 | 旧ブログ

さぼっててすみません。

c0156019_13443856.jpg
c0156019_1345583.jpg

えーっと、ほったらかしにしてました。すみません。
この一ヶ月に起きた事をザーッと書いてみます。

8月5日(金)〜7日(日) Jシリーズ第4戦ウイングヒルズ大会
自分の人生で記念すべき日かも。Jシリーズで初優勝。盛り上がり方が半端じゃなかった。応援していただいた方にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

8月8日(月)
一応これでも会社員なので、帰ってきた次の日は会社に出勤。さすがに疲れが残っていた。

8月9日(火)〜15日(月)
富士見パノラマでスクール。お盆はかき入れ時。沢山の人がスクールを受講しに来てくれた。15日の夜、アジア選手権に出場する為、帰省渋滞をかき分け成田空港へ。AM2時成田到着。

8月16日(火)〜23日(火)
アジア選手権開催地のインドネシアに出発。目的地はバリ島です。リゾート地です。
自転車なんか持ってっちゃいけませんね、ここは。
どーでもいいけど、ガルーダ・インドネシア航空はサービス良くない。やっぱ日本人のきめ細かいサービスってのは素晴らしいっす。コースはフラット着地のドロップオフありの登り返しありのアジア選手権らしい(?)コースレイアウト。結果予選2位の決勝15位。尖った石を踏んだらしく、タイヤが裂けてしまった。
クロカンの会場の隣がビーチ。やばい位綺麗。レース終了後みんなで泳いだ。月曜日の朝もみんなでビーチに出て、サーフボード(ロング)を借りてサーフィン。何度も失敗したけど、何とか立てた。ちょっとハマりそう。午後はレンタカー借りてみんなでショッピング。そして帰国。画像は後ほど。

こんなタイトスケジュールな8月でした。
[PR]
# by maru16_blog | 2005-08-29 22:42 | 旧ブログ

レースって

昨日今日と2日間富士見パノラマで「シマノバイカーズフェスタ」が行なわれていたのだけど、エントリーしてる人数にビックリした。

自分がメインで出場しいてるJシリーズの約10倍の人数が来てるんじゃなかろうかって位。
特にエンデューロ。スタートとフィニッシュの時の人数に驚いた。あとDHでもこんなに走ってる人がいるんだと改めて思った。
確かに公認レースは連盟に登録してシリーズを転戦したりと、普通の人ではかなり厳しく敷居が高く感じてしまう。こういったレースが沢山あれば走りにくる人は居るんだと。

DHが少なくなったのは走る場所が少ないのもそうだけど、気軽に参加できるイベントがなくなった結果、つまらなくなり走りに行く必要(練習に行く必要)がなくなったからなのではと思った。

気軽に参加できる草レースがあるとする→気軽に参加でき、出場する→知り合いができ、ライバルもできる→楽しんで成績を争う→もっと速く走れるようになりたくなる(基本的にDHやってる人って負けず嫌いが多いから←自分の事?)→沢山練習する→色々と消耗するからショップに頻繁に買いに行く→練習する→速くなる→今度は人を誘ってもっと参加したくなる→スキー場もショップも潤う(この例は極端ですが…。)

あるショップオーナーがおっしゃっていた例ですが、確かに自分もそう思う。草レースでDHを純粋に楽しむだけならバイクは何だっていい訳だしさ。
現にこのレースはリジットクラスのエントリーが多かった。もっと頂点を極めるならお金出してDHバイクを買えばいい。
だってレースは争うものかもしれないけど、遊びの頂点にあるものだと思うから。
[PR]
# by maru16_blog | 2005-07-24 20:41 | 旧ブログ

カラ梅雨?

今日も暑かった。
富士見パノラマも昨日・今日と晴天で恰好のDH日和。
以前のブログにも書いたけど、水曜日に雨が降ってかなりコンディションが落ち着いてくれたかなと思ってたけど、昨日今日でまた完全ドライになっちゃた。

昨日なんて最後にBコースを10人位(?)でトレインした。やはりこの大人数、3番目位の人から埃でラインが見えないもんだから後ろから叫び声が聞こえてきた…。たぶんギャップが見えないからコケそうになったのだと思う。
けどみんなで走ると楽しい。レースではなく純粋にDHを楽しめたから特にね。
海外のライダーはこういう楽しみを極める事で自然に速くなっていくんだろうな。フィールドもそうだけどやはり「楽しい」と思える事が一番のスキルアップの近道なのかな。

ウイスラーローカルに「アダム・クック」ってライダーが居るんだけど、2年前のウイスラーで行われたレースでボロボロのヘルメットに短パンTシャツ、バイクは兄貴の借り物でスポーツクラスでブッチギで優勝、総合でタイムを見たらプロクラスでエントリーの2位に入ったネイザン・レイニーを押さえ堂々の2位のタイム。1位のセドリック・グラシアとは2秒差だったんだって。

色々機材にこだわるのも良いけど、やはりスキルだよね。「弘法選ばず」とはよく言ったもんだ。
[PR]
# by maru16_blog | 2005-06-26 22:35 | 旧ブログ

カナダ

c0156019_13385753.jpg

ちょっと前の話なんだけど、月曜日に「高橋ダイキ」と「名取まーし」がカナダウイスラーに旅立っていった。
知ってる人は知ってるが、昨年自分も6月初旬から7月初旬までウイスラーに1ヶ月間滞在し、全日本に向けて修行した。ここのエリアと言うか、カナダってMTBが当たり前のように乗られています(日本と違ってママチャリが無いってのもあるが…)
ホント老若男女問わずMTBを楽しんでいる。特に感心したのが、ウイスラーの行政が先頭に立ってトレールがある事。オープンな物からシークレットの物と無数にあります。エリアマップも無料配布され、メンテナンスも行き届いている。そして何よりわかってる人が作ってるから安全。
市内のバスにはバイクラックが装備されてて、少しはずれに居てもバスでバイクパークまで移動できる。
あー、こんな事書いてたら俺もカナダに行きてぇな〜。カナダの事を思い出しながら、昨年のカナダツアーの画像をアップするか…。(近日予定)

ちなみに画像はウイスラーバイクパークの最上部にあるガルバンゾーの中「No Joke」というトレールのワンカット(photo:確か浅見尚子)懐かしいなぁ。
[PR]
# by maru16_blog | 2005-06-23 14:31 | 旧ブログ

スクール上々

本日はスクール開催日。
今回は予約いただいた2名の方がステップアップクラスで参加してくれた。
天候があいにくの雨模様だったが、始まる頃には雨も上がってくれた。
コースはウエットでかなり滑りやすかったが、「雨なのにラインが違うとここまでスムースに走れる」とか「目から鱗でした」と嬉しい言葉をいただいて僕も一安心。
どんどん受講者が増えて、楽しんでくれる人が増るといいな。
来週あたりから「Bコース」がリニューアルオープンするらしい。楽しみ。
[PR]
# by maru16_blog | 2005-06-22 22:54 | 旧ブログ
本日よりブログ始めました。
なかなかこういった事って苦手なんで開設しなかったのだけど(文才が無いから避けていたってのもある)、ようやく重い腰を上げてみました。色々書いてみます。基本的にめんどくさがり屋なので不定期連載をここで宣言しちゃいます。

本日はお隣韓国からのクロカンライダー6人と日本在住20年以上で今は白馬村在住の「魯さん」の7人がこの富士見パノラマに訪れたので、ガイドとまでは行かないけどコース案内しました。
今韓国では空前のマウンテンバイクブームなので、レースも盛んに行われているらしい。

先月にはBSアンカーの竹本が韓国のKシリーズ(コリアシリーズ、Jシリーズの韓国版)に出場してきた話を聞いたのだけど、エントリー数がかなり多いらしい。

どうやら韓国には常設コースが無いので、この夏にジャパンツアーを企画する為にコースの下見に着たとの事。とりあえず時間的な事もあって山頂周遊ツーリングコースとCコースを案内しました。パノラマのようにDH、フリーライド、4X、クロカンと一緒に楽しめるフィールドが無いとの事で、いたく感動してくれた。自分も仕事とはいえ、ツーリング気分で案内でき、改めてマウンテンバイクの楽しみ方を再認識した日だった。

こういった事が少なからず日韓友好にもなれば嬉しいし、自分も参加できればもっと嬉しく感じる。そしてお互いの国の選手が日韓を行き来し、レベルアップが図れればもっと楽しくなりそう。そしていつかアジアから世界に通用するライダーが出たら面白いだろうな。
[PR]
# by maru16_blog | 2005-06-15 15:32 | 旧ブログ