「ほっ」と。キャンペーン

異国カナダで細々営業中。カナダ生活日記&戯言&駄文。


by maru16_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カラ梅雨?

今日も暑かった。
富士見パノラマも昨日・今日と晴天で恰好のDH日和。
以前のブログにも書いたけど、水曜日に雨が降ってかなりコンディションが落ち着いてくれたかなと思ってたけど、昨日今日でまた完全ドライになっちゃた。

昨日なんて最後にBコースを10人位(?)でトレインした。やはりこの大人数、3番目位の人から埃でラインが見えないもんだから後ろから叫び声が聞こえてきた…。たぶんギャップが見えないからコケそうになったのだと思う。
けどみんなで走ると楽しい。レースではなく純粋にDHを楽しめたから特にね。
海外のライダーはこういう楽しみを極める事で自然に速くなっていくんだろうな。フィールドもそうだけどやはり「楽しい」と思える事が一番のスキルアップの近道なのかな。

ウイスラーローカルに「アダム・クック」ってライダーが居るんだけど、2年前のウイスラーで行われたレースでボロボロのヘルメットに短パンTシャツ、バイクは兄貴の借り物でスポーツクラスでブッチギで優勝、総合でタイムを見たらプロクラスでエントリーの2位に入ったネイザン・レイニーを押さえ堂々の2位のタイム。1位のセドリック・グラシアとは2秒差だったんだって。

色々機材にこだわるのも良いけど、やはりスキルだよね。「弘法選ばず」とはよく言ったもんだ。
[PR]
by maru16_blog | 2005-06-26 22:35 | 旧ブログ

カナダ

c0156019_13385753.jpg

ちょっと前の話なんだけど、月曜日に「高橋ダイキ」と「名取まーし」がカナダウイスラーに旅立っていった。
知ってる人は知ってるが、昨年自分も6月初旬から7月初旬までウイスラーに1ヶ月間滞在し、全日本に向けて修行した。ここのエリアと言うか、カナダってMTBが当たり前のように乗られています(日本と違ってママチャリが無いってのもあるが…)
ホント老若男女問わずMTBを楽しんでいる。特に感心したのが、ウイスラーの行政が先頭に立ってトレールがある事。オープンな物からシークレットの物と無数にあります。エリアマップも無料配布され、メンテナンスも行き届いている。そして何よりわかってる人が作ってるから安全。
市内のバスにはバイクラックが装備されてて、少しはずれに居てもバスでバイクパークまで移動できる。
あー、こんな事書いてたら俺もカナダに行きてぇな〜。カナダの事を思い出しながら、昨年のカナダツアーの画像をアップするか…。(近日予定)

ちなみに画像はウイスラーバイクパークの最上部にあるガルバンゾーの中「No Joke」というトレールのワンカット(photo:確か浅見尚子)懐かしいなぁ。
[PR]
by maru16_blog | 2005-06-23 14:31 | 旧ブログ

スクール上々

本日はスクール開催日。
今回は予約いただいた2名の方がステップアップクラスで参加してくれた。
天候があいにくの雨模様だったが、始まる頃には雨も上がってくれた。
コースはウエットでかなり滑りやすかったが、「雨なのにラインが違うとここまでスムースに走れる」とか「目から鱗でした」と嬉しい言葉をいただいて僕も一安心。
どんどん受講者が増えて、楽しんでくれる人が増るといいな。
来週あたりから「Bコース」がリニューアルオープンするらしい。楽しみ。
[PR]
by maru16_blog | 2005-06-22 22:54 | 旧ブログ
本日よりブログ始めました。
なかなかこういった事って苦手なんで開設しなかったのだけど(文才が無いから避けていたってのもある)、ようやく重い腰を上げてみました。色々書いてみます。基本的にめんどくさがり屋なので不定期連載をここで宣言しちゃいます。

本日はお隣韓国からのクロカンライダー6人と日本在住20年以上で今は白馬村在住の「魯さん」の7人がこの富士見パノラマに訪れたので、ガイドとまでは行かないけどコース案内しました。
今韓国では空前のマウンテンバイクブームなので、レースも盛んに行われているらしい。

先月にはBSアンカーの竹本が韓国のKシリーズ(コリアシリーズ、Jシリーズの韓国版)に出場してきた話を聞いたのだけど、エントリー数がかなり多いらしい。

どうやら韓国には常設コースが無いので、この夏にジャパンツアーを企画する為にコースの下見に着たとの事。とりあえず時間的な事もあって山頂周遊ツーリングコースとCコースを案内しました。パノラマのようにDH、フリーライド、4X、クロカンと一緒に楽しめるフィールドが無いとの事で、いたく感動してくれた。自分も仕事とはいえ、ツーリング気分で案内でき、改めてマウンテンバイクの楽しみ方を再認識した日だった。

こういった事が少なからず日韓友好にもなれば嬉しいし、自分も参加できればもっと嬉しく感じる。そしてお互いの国の選手が日韓を行き来し、レベルアップが図れればもっと楽しくなりそう。そしていつかアジアから世界に通用するライダーが出たら面白いだろうな。
[PR]
by maru16_blog | 2005-06-15 15:32 | 旧ブログ