異国カナダで細々営業中。カナダ生活日記&戯言&駄文。


by maru16_blog
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カナダde初乗り!

リフト待ちで、たまたま前にいた女性を顔が見えたので思う。
「何故こっちの白人の女性って顔の産毛を剃らないんだろ?
毎日鏡見てんのか?
こちらの眩しすぎる日差しに反射して、まるで髭のようだぜ」





さてそんな事より、本日4年振りにウィスラーバイクパークに乗りに行きました。
c0156019_14335749.jpg










天気は朝から晴天で、気持ち良い。
気温は高いが、湿度が低いので、非常に過ごしやすい。
まずはチケット売り場で3day's passを購入。税込みで$120也。
c0156019_14352826.jpg
c0156019_1436298.jpg
このチケットは3日間有効何だけど、4日目も乗りたい場合、新しく1日券を購入する時の割引券も付いてきます。
そして、バイクのハンドルバーにタイラップで取付け、リフトへ。(3人前に「クリス・コヴァリック」がいました。マジで。)
乗車の際にスタッフにリフトパスのバーコードをスキャナーで読み取ってもらいます。リフトへのバイクの乗せ方ですが、非常に効率的に設計されており増す(画像が無いから、その紹介はまた後日)
まずは体慣らしに、「A-LINE」へ。よくDVDなんかで出てくるテーブルトップばっかり続くあのコースです。幅はジープロードで、ジャンプの面は立っていますが、バックサイドが広く作られているので安全設計。相変わらず面白く、笑いが止まりません。けど1本目なんで、体の動きが堅く、我ながらなんかぎこちなかったなぁ。
次に「JOY RIDE」と「ROCK CITY」へ。ココは岩盤だらけのコースで、リフト下などを走る少しエクストリーム系なコース。ロックあり、ドロップオフあり、スティープセクションありのシングルトラックで、ココで速く走れれば、速くなれます。(詳しくはコースマップをご覧あれ)
その後、「B-LINE」に行き、ゆーぞー君に僕の「TECH-IN RDX 十八式」をインプレしていただいた。彼は元々「インテンスM-3」に乗っているのだが、以前からTECH-INのバイクに興味があったらしく、乗っていただいた。
感想はサスペンションの懐の深さや、動き方、特性等気に入ってくれたみたいだ。直押しなのにとTECH-INの乗り味に大変満足してくれた。
さて、午後はリフト乗り場でこの季節ツアーガイドをやっているよーしTここの今泉ブロス(借りている家の大家が金を払わないから、電気止められた事は内緒)中村コイチロさんと遭遇。今からガルバンゾに上がるから頂上に集合って事で、我々もリフト待ちしてたら、リフトスタッフが「いま山火事が発生したので、一時クローズします」って。
マジで?そういえば、連日の晴天でファイヤーエマジェンシーが発令されてるって言ってたっけ?隣のゴンドラリフトに移動し、数分待っているとゴンドラ乗車も可能になりガルバンゾーへ。ココの景色はいつ来ても奇麗ですねー。
c0156019_1574316.jpg
c0156019_1583517.jpg
そしてやっとこさメンバーと合流。
c0156019_15184155.jpg
さっそくそのままみんなで「Fright train」に行く。ここは斜度もありスピードもある。前半は「A-LINE」のようなテーブルトップやステップアップが続き、途中キッカーを利用して、コンテナの上に飛び乗るセクションもある。後半はシングルトラックが続き、岩盤のロックセクションを通過して行く。最後はそのまま「DIRT MARCHANT」に合流し、流れで下見なしに4年前に跳んだ(落ちた)岩ドロップにチャレンジ。普通に成功。気持ちよかった。全員怪我無く、麓まで走ってきました。
c0156019_15175039.jpg
けどまだ日が高い(といっても既に17時過ぎ)
c0156019_1520462.jpg
晩飯食ったら、ロストレイクに行こうって事になり、その前に朝飯の買い出しへ。
そしたら、カナダにマメの子供がいた!?
c0156019_15252813.jpg

マジそっくりだし、マジかわいい。また会えるかな?
さて、集合時間になり、ロストレイクに行ってみんなと芝生に寝っころがりながら、だべって、夕方の(とは言え、19時過ぎ)まどろんだ時間を過ごしました。
c0156019_15274566.jpg

また明日もバイクパークでいっぱい走りますよ〜。
[PR]
by maru16_blog | 2008-07-16 15:29 | MTB