異国カナダで細々営業中。カナダ生活日記&戯言&駄文。


by maru16_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008UCI世界選手権

イタリアで開催されていた世界選手権。
土曜日の夜にWEBでリアルタイムでみてたけど、コースがヤバかったなー。
ジュニアは放送されなくて、浅野君やダイスケの走りがみれなかったなー。

シニア女子は、途中まで美緒がトップタイムを叩き出し、暫定1位だったけど、よく頑張ったと思う。優勝はレイチェル・アサートン。女子だけどヤバいくらい速かった!
2位のサブリナに大差をつけて、優勝だったなー。

シニア男子はワタルがスタートしたと思ったら、すぐにゴール付近の映像になったので走りがみれんかった。卓也の走りも受信環境のせいで(自宅でなく、パノラマでみてたので)みれなかった。
けど、ベスト10からの走りはすごかったね。
特にサム・ヒル。
どうかしてるね。あの斜度とロックセクションで全くほかのライダーとは次元が違う走り、スピードだった。暫定1位だったスティーブ・ピートの途中通過タイムを大幅に上回るタイムを叩き出していった。もうありゃ神の領域だね。
けど残念ながら最後にコケてしまって、大幅にタイムをロスするが、ゴールしてみりゃ、ピートのタイムの約1.5秒差。
もしコケてなけりゃ間違いなくぶっちぎりで優勝で二冠王だったね。

予選トップタイムのジー・アサートンもヤバかった。
ピートタイムも大幅に上回り優勝したね。
兄妹そろって世界チャンピオン!
しかし、イギリスって国は強豪ダウンヒルライダーの固まりだね。
ちょっと前まではオーストラリアのライダーが上位に食い込んできて注目を浴びたけど、今回は同じオセアニアのニュージーランドライダーも速かったね。
国旗にユニオンジャックが入っている国は、年を重ねる毎にが目立ってきてる気がするのは俺だけか?



 
[PR]
by maru16_blog | 2008-06-22 21:59 | MTB