異国カナダで細々営業中。カナダ生活日記&戯言&駄文。


by maru16_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アンチシマノ(?)&NEWフォーク

昨日のブログでフラットペダルを使うようになったと報告しましたが、これでシマノパーツ使用がチェーンのみになったってさっき気がついた。

今年の冬は、お仕事だらけで自転車に乗れんかったけど、シーズンイン前に前後サスペンションはO/Hに出しといた。
で、実は「誉」の中身を替えてもらった。



先ず触った(ストロークさせた)感触は、さほど以前の感触と変わらないが、走り出すと一目瞭然だった。

Aコース中心に走りましたが、細かいギャップの吸収性が以前より増しており、安定感がスゴイ!
シーズンイン直後で、まだ路面がパフパフ状態と言うことも加味したとしても、この安定感がアップしていたのは驚きだった。
以前ギャップを走る感じが「ダダダッ!」って感じなら、今回の仕様は「タタタッ!」といった感じである。これぞ魔法のじゅうたん!特にハイスピードのバンピーなセクションでは顕著にわかる。
勿論ブレーキング時も安定した制動をしてくれた。
フラットペダルで安定していたのは、靴の性能もさることながら、サスペンションに助けられていたのだろう。


低速ではどうだろうか?
Aコースは前半と後半にシングルトラックがあるが、連続したS字コーナーや滑りやすいキャンバーセクションでも安定していた。普通キャンバーだと加重が谷側に逃げようとするので、滑りやすいのだが、全く何もなかった様にラインをトレースしてくれた。浮き砂利の多いシングルトラックのコーナーだとフロントタイヤが流れやすいが、そんな事はなかった。

走り終わった後に感じたのが、体に対しての負担が少ない。
と言うのも、冒頭にも書いたが、今シーズンの冬は例年に比べ雪が多く、忙しかったので全くと言って良いほどトレーニングができなかったが、疲れ方が昨年に比べ軽かったのだ。

あと、この改良のスゴイのは設計者が頭の中のみで構想し、テスターにもかけずにその通りの仕様に仕上げてしまうところだ。


昨日は仕事中の空き時間を使って走ったので、そんなに本数を走っていないが、後日また走ってみようと思う。

以上簡単なインプレでした。
[PR]
by maru16_blog | 2008-04-28 20:55 | MTB