異国カナダで細々営業中。カナダ生活日記&戯言&駄文。


by maru16_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

がまくんとかえるくん

c0156019_7555620.jpg

タイトルの絵本を知ってる方いますか?
その中にある「おてがみ」って言う話が、僕が小学生の時の教科書に載ってて、また読みたくなってインターネットで調べて買っちゃいました。





がまくんとかえるくんは親友同士。
彼らは紳士なんで、ジャケットとズボンを着ている。
ちょっとワガママながまくんと、しっかり者に見えてどこか抜けていたりするかえるくん。この2匹は親友でいつも一緒なのです。

その「おてがみ」というお話を少し紹介しますと、
かえるくんががまくんを訪ねると、がまくんは玄関先に悲しい顔をして座っていました。どうしたと尋ねると、がまくんは一度も手紙をもっらた事が無く、今は一日のうちで悲しい時間なんだと。そんな話を聞き、二人悲しい気持ちで玄関先に座っていました。
するとかえるくんは
「僕は家に帰らなきゃいけない。しなくちゃいけないことがあるんだ」
と言って家に帰り、大急ぎでペンと紙を用意しました。
そして紙を封筒に入れ、「がまくんへ」と書きました。
家から飛び出すとカタツムリ君がいたので、この手紙をがまくんの郵便受けに持っていってほしいと頼む。
かたつむりくんは「すぐにやるぜ!」と言って行きました。
がまくんちに行くと、がま君はベットで昼寝をしてる。
かえるくんは言いました。
「お手紙をくるのをもう少し待ったほうが良い。ひょっとしたらお手紙が届くかもしれない」
がまくんは言いました。
「そんな事あるものか。僕に手紙をくれる人なんかいないよ」
かえるくんは言いました。
「きっとくるよ。だって僕が君に出したのだもの」
がまくんはびっくりして、「なんて書いたの?」と聞きました。

「親愛なるがまくん。僕は君の親友であることを嬉しく思っています。君の親友 かえる」

「とてもいい手紙だ」とがまくんは言いました。
そして二人は幸せな気持ちで手紙を来るのを待ちました。
長い事待っていましたが、四日後到着。だってかたつむりくんに任せたので・・・。手紙を受け取ったがまくんは大喜びしました。

がまくんとかえるくんは、自然体でお互いを思い合っている、そんなお話しです。すごく気持ちが暖かくなる。

「ともだち」ってなんだろう・・・?

たくさんいたほうがいいの? いつも一緒だといいの?
ユーモラスで暖かいのんびりとしたやりとりは、子どもたちはもちろんですが、大人になった私たちへのメッセージかもしれませんね。そして友達同士だけではなく、恋人同士、夫婦も同じことを言えるのではないかと思いました。
[PR]
by maru16_blog | 2007-01-31 07:54 | 旧ブログ